WordPress構築で、こんなお悩みはありませんか?

スタジオカッツェでは、WordPress構築・カスタマイズに力を入れております。
以下のようなお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

WordPressを構築できる技術者がいない

PHPや他の言語を使えるエンジニアはいるが、WordPressを熟知しているエンジニアがいない。

リソース不足を解消したい

WordPressを構築できるエンジニアはいるが、社内のリソースが足りない。WordPress構築より、他の作業に社員のリソースを使いたい。

より高度なカスタマイズをしたい

WordPressでさらに細かいカスタマイズをしてPDCAを回していきたいが、どうすればいいのかわからない。

新しくWordPressを構築したい

「とりあえずWordPressでホームページを作りたいけど、どうすればいいの?」という中小企業・個人事業主・スタートアップの方から、外注先を探しているweb制作会社様まで、お気軽にご相談ください。

デザイン、コーディング、WordPressの構築、公開後の運用・保守、カスタマイズと、web制作をひととおりご対応可能です。もちろん、WordPressのテーマ構築のみなど、ポイントを絞ったご依頼も承っております。

既存のWordPressテーマのカスタマイズ、オリジナルデザインを元にした新規テーマの制作から、御社や他社様で作られたデザインを元にしたコーディング、また既存サイトをWordPressに構築し直すことも可能です(仕様によっては、調整が必要な場合もあります)。
コーポレートサイトの構築からオウンドメディアの立ち上げ・運用、投稿サイトの構築など、WordPressを使った様々なサイトの制作実績がございます。

既存のWordPressサイトの修正・カスタマイズ

他社様で作られたWordPressのサイトの修正や、カスタマイズも可能です。
「こんな機能を追加したいんだけど」
「ここが修正できないので、変更できるようにしたい」
他にも、長年WordPressを使っていると、各種メンテナンスが必要だったり、どうしても手の届かない所がでてきます。

WordPressは管理画面からプラグインを追加することで、お客様側からある程度カスタマイズできるのが魅力のひとつですが、それでは対応できないプログラムが必要な細かい調整をして、お客様のご要望を実現します。
「このプラグインを使ったまま見た目を調整したい」などといったご相談も受けつけておりますので、お気軽にご相談ください。

WordPressのバージョンアップ

WordPressのアップデートはできていますか? セキュリティ対策として必須ですが、つい忘れてしまったり、様々なプラグインを利用していると、下手にバージョンアップして支障が出ると怖いので、プラグインも含めてそのままにということも。。。
古いプラグインだと最新版のWordPressに対応していなかったり、またバージョンアップしたもののとエラーが発生して元に戻せなかったりと、バージョンアップにともなうトラブルはどうしてもリスクがあり、怖いという方は多いです。
本番環境と近いテスト環境をご用意し、そちらで検証の上、WordPressを最新のものにバージョンアップいたします。

PHPのバージョンアップ

ご契約されているサーバーから、「PHPのバージョンをあげるので、対応してくれ」というメールがきたことはありませんか?
PHPのバージョンは、2020年11月には7.2がサポート終了、7.3も21年12月に終了となります。
セキュリティの面からも、バージョンアップが必要です。
PHPのバージョンアップをすることで、WordPressの高速化も期待できます(5.x系から7系への場合)。

既存のホームページをWordPressへ移行したい

現在のホームページを更新できないので、WordPressで更新できるようにしたい、また、MovableTypeなど、他のCMSで作ったホームページをWordPressに移行したい、アメブロ、livedoorブログなどのブログサービスから、WordPressへの記事の引っ越しといった案件も、ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ


※ご予算の範囲内でのご提案がしやすくなります。